【失敗談】JCBプラチナの還元率

以前にブログに上げたように、

20代でも持てる最高のステータスカード『JCB プラチナ』カードの保有歴と使用状況。
JCB プラチナは20代でも持てる?プラチナカードと聞くと、会社の役員クラスが持つもの?と思いますが、年収がそこまで高くなくても普通にサラリーマンとして働いていれば入手する事は可能です。年会費だけではなく、コンシェルジュなどのサービスも含めて


JCBプラチナカードを使っています。

年会費が高いカードって
サービスは充実しているんですが、
ポイント制度が、渋いんですよね。

というわけで、今できる最良の交換方法を
マイルに見出し、
試してみましたが駄目でした。笑

通常の還元率

JCBプラチナカードをメインに使った場合
大体、1,000円に対し、1.6ポイントになります。
(使う額にもよる)

この1.6ポイントは、他のポイントに交換でき、
5年ぐらい前は、10円ぐらいの価値になりました。

このため、ポイント還元率は大体1%と
楽天カードくらいにはポイントが返ってきたんですが

度重なる改悪で、現在は還元率が
0.5%ぐらいにまで、下がってしまいました。

年間200万円使うのであれば、2万円の損失です。

じゃあ楽天カードを使えばいいんですが、
JCBカードを使いたいんです。
ここに合理的な理由はありません。

ひらめいたマイルへの交換

この損失を取り返すには、
還元率がなるべく高いポイントへ
交換するほかありません。

スターバックスは4倍。
ちょっと微妙ですね。
還元率にすると0.8%ぐらいでしょうかね。

家電量販店は5倍ですが、
そもそも家電はネットで買う方が安く
家電量販店のポイントに変えるのも
あまりうま味を感じません。

最も良いのは、マイルで3倍。
ポイント量は3倍ですが、
マイルは実質2円の価値があり、
これを加味すると6倍とも言えます。

というわけでマイルへの交換を
目指すこととしました。

更にANAカードを申し込み


ここで更に、もう一歩チャレンジしました。
ANA CARDです。

今なら年会費無料のカードが申し込めました。
(29歳未満限定)

このカードではJCBで貯めたポイントは
5倍のマイル交換が可能です。実質10倍。

そしてOkidokiポイントは内容によって
共有が可能なものもあったので、

①JCB プラチナでポイントを貯める
②貯めたポイントをANA CARDでマイルに交換する

というステップを経る事で
ポイント還元率の最大化を狙いました。

結論:できませんでした

作った後に、カスタマーサービスへ
これがそもそも可能なのか確認しました。

出来ませんでした。笑

無駄なカードが増えてしまいました。
でも、スターアライアンスマークがついてて
ちょっとカッコいいです。

ということは。。。
そもそもメインカードをANA CARDに
すればよいのです。

でもしません。
JCB プラチナがに愛着があるので・・・

というわけでJCB プラチナの還元先は
また要件等で繰り越しの案件となってしまいました。

最近は支出最適化に取り組んでおり、
カード利用額も少ないので
そこまで緊急性のある問題でもありません。

余談

今回作った年会費無料のカードですが、
地味に驚いたのが、一括の利用限度額が
250万円に設定されていた事です。

僕の資産は現在120万円ほどなので、
実に資産の倍の金額が使えます。

ところで、FPを取得した際に勉強したんですが、
借入額の限度額は年収の1/3です。

クレジットカードの利用ってこれを優に
超えてきてますね。
もちろん次月に払う事前提ですが。。。

なかなか怖いですね。
特にリボなどよく分からずに使うと
消費者金融より高額となる可能性もあります。

今日はこのへんにしておきます。

ここまで読んで頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました