お金から一歩引くことも大事

どうも、とみです。

しばらくぶりにブログを書きます。

少し前に、日本経済は成長性に欠けるというような事を書いたりしてましたが、見事に日経が3万円台に復活していたり、面白い経済ニュースがたくさんありましたね。

最近、お金との関りをどのようにすれば絶てるのかと考えていました。

例えば、投資を行っている人は毎日証券口座が気になってしまうかと思いますが、それは良くありません。

なぜなら、投資で勝つコツは、とにかく売らずに持ち続ける事。心折れずに数年。時には数十年、弄らない事が鍵だからです。

多くの人はこれが出来ません。毎日自分のお金が上下すると気になってしまうんですよね。

これは人間の本能かもしれません。食べ物が少ないような狩猟生活を営んでいた当時、貯蔵している食べ物の量が毎日、上下していては命に関わります。きっとこの時の習性が残っているんでしょう。

しかし、現代は違います。貨幣という腐らないものが出来ました。資本主義という、富が富を生む時代も200年続いています。

これが今後も続いていくのであれば、お金なんてものの事は忘れてしまった方が良いのかもしれません。

投資で、前日比マイナス10万円だろうが、プラス10万円だろうが、それで朝ごはんの、クロワッサンとサーモンサラダが変わるかと言うと、そんな事はありません。

しかし、マイナス10万円を見てしまった朝は、きっと同じ朝ごはんでも味が異なって感じられるでしょう。

数字に翻弄されない事。 そして美味しい朝ごはんを食べる事。

これが人生で重要な事だと思います。

こうした考えを持つためには、個別株ではなく手数料の少ない投資信託や、ETFなどに投資しておくと良いでしょう。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました