プリンが美味しいかどうかは食べないと分からない

どうも、とみです。

突然のプリンのブログと見せかけて、投資と仮想通貨のお話です。

投資は儲かるよ。と2年以上ブログに綴り続けていましたが、今の結果はこちらの記事の通り。

損、どころか大損こいてます。 つ、つらー。

そしてその結果だけで判断するならば、投資は損をするものであるという事が証明されてしまっています。

the Proof of the pudding is in the eating.

直訳すると、プリンが美味しいかどうかは食べてみてから。となりますが、これは英語での諺の一つで、日本語に直すなら論より証拠。となります。

しかしそんなミクロな結果で判断してはいけません。当たり前ですが、投資は元本を割る事もあるが、世界経済の成長に伴い緩やかに右肩上がりになるものです。ですから投資してりゃ儲かるんですよ。

「おい、とみ、論より証拠だよ。」

・・・・・閉口。というか僕から言わせりゃ、プリンなんて食べなくても美味いの分かるだろ。

話は変わりますが、パンケーキスワップに入れていた資金を先月に引き上げてきました。

22万円+手数料で1万円弱突っ込んでいましたが、結局15万円くらいになってしまいました。

あまりに悲しいので、イーサリアムに替えて取っておくことにしておいたら、少し値段が戻っていました。

ええやん。これからはイーサの時代や!!論より証拠や!!

ここ一ヵ月の推移、一番輝いてるし!!ビットコイン抜け!!いけいけ!!!

というわけで、少し儲かってきているので、論じましょう。

どうやらイーサリアムがProof of Work から Proof of Stakeへの変更を予定しているようです。

そもそもPoW(Proof of Work)というのは、仮想通貨に当初搭載されていたシステムで、パソコンがたくさん計算処理を行って特定の数字を見つける事で、ブロックチェーンの記録作業を取り、その報酬として仮想通貨を貰える仕組みになっていました。

これがマイニングとかってやつです。でもこれはその計算処理を行うために膨大な電気と、ある程度のGPUなんかが必要で、環境問題や一部のパソコンのパーツの高騰などを招きました。

そんなスマートじゃない方法から、新しい方法が考案されました。それがPoS(Proof of Stake)です。

これは、ある人が一定の金額をステーク(保有)しておいて、記録作業がその中で問題無く行われれば報酬を受け取る事ができるという仕組みです。マイニングのような無駄な計算が必要ない分、電力消費が抑えられます。

まぁその仕組みが分かったところで、はてなかもしれませんが、要するに今まではビットコインを持っているだけでは新たな利益を生み出す事は出来ませんでしたが、イーサリアムを保有し、ステーキング出来れば、高い年率を得る事が可能となる。ってこと。

ま。その仕組みは別に特別新しいモノでもなくて、既に実装されているコインを海外取引所を通す事でステーキングはできるので、気になる方はやってみましょう。

大事なのは仮想通貨で儲かる事よりも、こうした仮想通貨の流れをある程度理解して、時代に取り残されないことです。インターネットで「ビットコイン 価格」 とか調べるくらいなら、 「ビットコイン 仕組み」 と調べる。 このマインドが大事です。 

そのためにはやってみることも一案です。

さて、少し脱線しましたが、そんなアップデートが期待されているイーサリアムに、引き続きベットしてみようと思っています。

そして皆さんに、Proof of profit from investment (投資で儲かるという証明) を見せつけられるように頑張りたいと思います。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました