60歳で1億円。そんなにお金っていらないよね。

先日会社で、若手の同僚がこんなことを言ってました。

積立投資とかある程度しとけば、そんなにお金っていらないですよね(笑)」

その境地に既に到達してるのが羨ましいですね。弊社はそこそこの規模の会社なので、給与水準も業界内では上位に入りますが、やはり商社やコンサルタントなどの業界と比べると、かなり見劣りします。

20代そこそこで賃金上昇のカーブが緩やかな位置に属しているにもかかわらず、こんな発言をしてきた事には少々驚きました。

フローキャッシュが今後も見込めるなら安泰

ただ、長い視野で見ると確かにそうかもしれません。

仮に弊社の給与水準であればサラリーマン生活35年で得られる賃金は税引き後2億円。

毎月の支出額が25万円であった場合、、、60歳までに使うお金は約1億円・・・つまりこれぐらいの生活を維持していれば1億円くらいはお金って残るんですよね。

将来の事は確定できませんが、現行の制度では60歳から年金も見込めます。そう考えると・・・給与所得だけでもお金ってあんまりいらないですね。

積立投資をした場合はどうか

さらに積立投資(5%/年)で運用した場合は、更に安定感が増します。大体35年で家が一軒建てられるだけの運用利益も得られます。

こう考えると・・・確かにお金ってそんなにいらないかも・・・。

積立投資のすべて 誰にでも始めやすい富裕の王道を徹底研究 (現代の錬金術師シリーズ) [ 星野泰平 ]

ただし今後もフローキャッシュが得られるとは限らない人もいる

ただ、、、僕の場合はこれはあてはまりません。35年間もサラリーマン生活を送りたくないからですね。なんなら明日にも辞めてしまいたい。

しかし現実には明日辞めると生活が破綻するため辞められません。では、どのタイミングであれば辞められるのでしょう。

最低ラインは3,000万円が溜まったあたりかなと思っています。

3,000万円あれば、投資での配当収入が10万円/月になるからです。これだけあれば給与に左右されず仕事を選ぶ事が出来ます。当面の目標がここですね。

1日でも早く3,000万円を手にする。これが最速で楽になる方法です。

なので、僕の場合は、お金ってそんなに必要ないよね~。なんて全く思いません。今現在は。

しかし、一度3,000万を手にしてしまえば、それ以降はそこまでガムシャラに働かなくても良いかなと思ってます。週3くらいで働く程度にしたいですね。。。

その時はようやく、「お金ってそんなに必要ないな~」と呟けるでしょう。

見込みでは10年後です。まだまだ先は長いな・・・。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました