長生きというリスクに備えて歯のケアは定期的にしよう

どうもとみです。

先日、予期せぬ長生きってリスクですよねという記事を書きました。

今回は、投資以外の長生きリスクへのケアについてです。

歯、大事にしましょう。

歯医者さん。通ってますか?

僕は20代ですが、同世代の中では歯を労わっている方だと思います。というのも3ヵ月に1回はちゃんと歯医者に通ってクリーニングを行ってもらっているからです。

多くの方が、歯医者は他の病院と同じように、なにか症状(痛みなど)があった時だけ行く。という風だと思いますが、歯医者は症状が無くとも定期的に通うべきものです。

定期健診を受ける目的は、虫歯や歯周病などのトラブルを未然に防ぐことです。歯の健康を守る予防処置を受ける事で、歯や歯ぐきの良い状態を維持する事が出来ます。特に歯周病は自覚症状が現れにくく、歯ぐきの腫れや出血の症状が出てきたときは既に歯肉炎や、初期歯周炎に進行している可能性が高くなります。

豊川市 おとわ歯科医院HPより抜粋

歯医者さんもそう言ってます。

特に大人の虫歯は痛くないなんて言うように、大人になってから口内で異常が感じられるケースと言うのは、既にかなり症状が悪いケースがほとんどです。風邪などとは違い、無自覚でも歯石は溜まり、歯肉炎は進行します。

歯医者には定期的に通いましょう。

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ(30本入*4袋セット)【w6i】【クリニカ】

慢心があった

こんな風に上から口調で物言ってますが、実は僕も人の事を言えません。

3ヵ月前に歯医者へ行った際に、歯科助手の方から、「よく磨けていますね」と褒められました。

確かに定期的にフロスもしてましたし、歯ブラシも電動歯ブラシを使っています。

当然のフィードバックだなと思いました。そして、その一言でモチベーションも上がり、つい僕の方からも「ついでにフッ素も塗っていただけませんか?」と歯医者上級者のようなセリフを口にし、見事フッ素を塗ってもらえました。

口内意識高い系です。

それが慢心に繋がってしまったのだと思います。

先日の歯医者にて

そして先日、再び歯医者に行ってきました。一通り歯を見て頂いた後、クリーニング実施。

3ヵ月前は20分ほどで終わり痛みも全く無かったので構えていなかった所、気が付けばクリーニングに1時間ほどかかりました。更に出血と痛みもありました。

あ、、、あれ、、、?

そして、フィードバック。

な、なんかめっちゃチェック入れられてる!!

思い返したら、フロスを行う頻度も確かに下がっていたような気がします。

歯を磨く際も歯磨き粉を多くつけていました。電動歯ブラシでは歯磨き粉を使う必要ってほとんど無いんですよね。研磨剤が含まれる歯磨き粉は電動歯ブラシだと逆に削りすぎる可能性すらありますし、スーッとするので、しっかり磨けていなくても磨けた気になってしまう点も問題です。

そんなこんなで、今回は散々な結果となりました。

歯科助手の方からは、フロスは毎日するように助言頂きました。次回まで毎日継続いたします。

また、歯磨き粉も基本的にはつけない方針で、電動歯ブラシだけでスッキリするまで磨きたいと思います。

これを書きながらまた、メラメラと燃えてきました。

最期に

ちなみに、歯医者でのクリーニング直後に嫁に送ったLINE。

めっちゃ凹んでる。

歯が無くなると、きっと長い人生の後半戦きついです。最近歯医者行けていない人は、是非今からでも歯医者の予約を取りましょう。

定期的な検診は、悪化してからの治療より費用も安く済みますので、経済的なメリットも大です。

ちなみに歯の隙間は歯ブラシでは絶対に磨き残しが発生します。フロスは口内ケアにおいて必須アイテムです。巻いてあるタイプとY字型どちらも使った事がありますが、僕はY字型が一番使いやすいです。クリニカのこれがド安定。

歯ブラシしか無い人は、購入しましょう。


それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました