Grim Grinning Ghosts : The Haunted Mansion

今日は英語の勉強です。もうすぐTOEICが控えています。

ホーンテッドマンションで流れてる歌を見てきます。

曲名はGrim Grinning Ghosts

Grim:恐ろしい grinning:ニヤニヤする

1番

When the crypt doors creak and the tombstone quake Spooks come out for a swinging wake Happy haunts materialize And begin to vocalize Grim grinning ghosts come out to socialize

全然分からんですね。TOEIC700点レベルだと見たことない単語ばっかりです笑

しかもこの曲。聞いていただければ分かりますが、20秒ほどで一番が終わります。激早です。初見で聞き取れる方ってかなりの英語上級者かと思います。

ホーンテッドマンション 特別版 [ エディ・マーフィー ]

crypt doors creak

cryptとは(聖堂の)地下室という意味です。こんなイメージですかね。地下室感があんまりでないですが。。。これらがcreak(きしむ)しているんですね。

tombstone quake

tombstoneは墓石で、これらがquake(揺れる)してます。

少しまとめると、「地下室の扉が軋み、墓石が揺れるとき」 と言う感じですね。

Spooks come out

Spookは幽霊と言う意味です。あれ?ghostじゃないん?と思いましたよね。僕も思いました。

同じ意味っぽいですし、アメリカ人でもこの違いについて掲示板で聞いてました笑

What is difference between “ghost”and “spook”?

これに対し、

“Ghost” is more formal (“spirit” being the most formal). “Spook”, when referring to a ghost, is considered slang.

spookの方が、口語的というような回答ですね。 日本語に当てはめるなら、幽霊よりもお化けの方が口語的なので、こっちの方が近い感じでしょうかね? また、spookは動詞として、怖がらせるという意味でも使うようです。 こちらも化けるという動詞があるので、なんとなく近いような。

語学において母国語に100%当てはめる必要性は無い(というか無理)ですが。

幽霊が、come out:出てくる

for a swinging wake

swingは基本は揺れるという意味ですが、軽快な・リズムに乗ったなんて意味もあります。

軽快に wake 目を覚ます といった感じでしょうかね。

forがついてるのが気になります。 出てくる理由がfor以降だと思うんですが、軽快に目を覚ますために出てくるってなんか変ですよね。ここがよく分かりません。力及ばず。

Happy haunts materialize

hauntsは場所ですが、haunt(憑りつく)の意もあるように、心霊スポット的要素もありそうです。

materializeは、ふっと現れる。 幽霊のたまり場がふっと現れるんですかね。

And begin to vocalize

vocalizeは発声。 話し始めるという感じです。

ホーンテッドマンション 特別版 [ エディ・マーフィー ]

Grim grinning ghosts come out to socialize

恐ろしいニヤニヤした幽霊が、出てくる socializeのために。

socializeは社交的に活動する。です。より今回の歌詞に合わせるなら、雑談するために。みたいな感じの方がよさげですね。

日本語訳にまとめると

聖堂の地下室のドアが軋み、墓石が揺れる時、幽霊たちが軽快に目を覚まし出てくる。楽しい場所がふっと現れる。そして声を出し始める。恐ろしいニヤニヤした幽霊達が雑談するために出てくる。

結論こんな感じかなと思います。たった40単語のためにたっぷり30分調べました。疲れたのでYoutubeでホーンテッドマンションのアトラクションの動画見ながらボーっとしてきます。

是非、この訳に対してアドバイスある方がいたら教えて頂きたいです!

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました