『週刊エコノミスト』の評判や内容を【雑誌オタクが解説】

こんにちは、とみです。
@tomimagazine

読者
読者

週刊エコノミストってどんな雑誌?評判も気になる・・・

読者
読者

安く購読するにはどうしたら良いんだろう?

年間に365冊の雑誌を読むほど
雑誌が大好きな僕が、
今回はこんな疑問に答えていきます。

手軽に読めるビジネス書籍をお探しの
ビジネスマンや就活生におススメの記事です。
※購読時間目安:5分

週刊エコノミスト

毎日新聞出版から発行されている
経済専門の週刊誌です。


2018年には創刊95周年。もうすぐ創刊100年の
歴史ある雑誌ですね。

購読層は40~50代の会社経営者や
管理職などのビジネスマンが中心。

購読するのにおススメな人は?

以下の内容に興味がある、
ビジネスマン・就活生によく読まれています。

  • 経済
  • ビジネス
  • マネー
  • 企業分析
とみ
とみ

経済週刊誌なので、ニュース性が高い内容が多く、

20代の僕でもサラっと読めます。

購読した人の評判は?

概ね好評な意見も見つかりました。
半導体は産業の米とも呼ばれるほど
重要で大量に必要なものなので
将来的にも知識をつけていく必要がありますね。


僕は気が狂ったようなツイートしてました

※未だにこの3誌の違いはよく分かりません。

読者
読者

他にはどんなトピックを扱ってるんですか?

最近の取り扱いトピック

  • 急成長 水素 電池 アンモニア
  • 日経平均最高値への道
  • 今から始める投資信託
  • 儲かるEV 電池 モーター
  • 頼れる信用金庫ランキング
とみ
とみ

経済と企業情報が半々って感じですね

購読する際の注意

とみ
とみ

ここからは購読する際の注意点を記載します

  • 経済情報は水物で外れる場合も多い
  • データ分析などの結果論が多い
  • 特集の重複が多い

どの週刊ビジネス誌にも言える事ですね。
中長期的なビジネスマインドというよりは、
短期的なニュース性重視のイメージです。

自分なりの情報の取捨選択は必須です。

発行部数は?

発行部数は、80,000冊です。

100,000冊以上でよく売れている雑誌かな
と思います。

最近はオンラインの台頭もあり、
更に落ちているようですね。

学生には少し早い?

僕自身、学生の頃って経済とか
言われてもあんまりピンときませんでした。

やはり、社会人になって自分の業務と関係がある
分野から少しずつビジネス誌を読むようになりました。

発刊日や価格について

読者
読者

興味は湧いたけど、発売日とか価格も気になるなあ?

発刊日

〇週刊誌:毎週月曜日に発刊

取扱店

〇各書店やネット通販など

価格

〇定価:700円(税込み)

お得な購読方法

読者
読者

もう少し安く買えないのかなあ?

個別に買うよりも定期購読をすると
かなり安く購入する事が出来ます。

年間契約の場合、
一冊当たり600円弱になる計算です。
とみ
とみ

まずは書店で試し読みしてみて、
良かったら年間契約も手です!

経済動向やチャンスのある産業に興味がある人へ

いかがでしたでしょうか?

今回はビジネスマン・就活生におすすめの雑誌
『週刊エコノミスト』についてまとめてみました。

(週刊エコノミストで得られる情報)

  • 経済
  • ビジネス
  • マネー
  • 企業分析
どんな企業に今チャンスが来ているのか?
日本の製造業は挽回できるのか?

この雑誌が、それらの答えを見定める
一助になる事間違いなしです。

ここまで読んで頂き、
ありがとうございました。

今後も好きな雑誌を順次、
紹介していきますので、
気になったら是非気軽に覗いてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました